美白ケアは冬でも必須!油断せずにシミ対策しよう

美容 健康

美白ケアは季節を問わず一年中必要かと思います。

冬だからといって紫外線を浴びないわけではありませんし。

スポンサーリンク

美白ケアは冬でもおすすめ

 

この時期になると、色んなファッション系雑誌の化粧品特集などで、美白をするなら今!とか冬の間に美白肌になろう?とか言う特集が組まれていたりするのを見かけるかも知れません。

冬でも紫外線は浴びている

 

冬の時期は夏よりも太陽から遠ざかった位置にあるので日差しも弱くなっている事からこの美白特集が組まれるのだと考えられるのですが、

 

多分この特集を書いている人は、陽射しが弱くなった=紫外線も減ったと思っているのかも知れませんが、実際は紫外線の量は夏とほぼ変わらないそうなので、いつでもしっかりと日焼け止めを塗って外出した方が良さそうです。

 

 

夏も冬も基本的には紫外線の量は変わりませんが陽射しが肌に射す感触が変わるので、それで紫外線も減った様な気になってしまうと思うのですが、本当は夏と変らない状態なのでいつでも美白対策をし続けて欲しいですね。

 

たくさんの種類がある美白成分

その美白対策をしてくれる美白成分ですが、今は色んな種類があるので一体どれを使ったら良いのか?と迷っている人も多いと思います。

 

ただ、大抵の美白系化粧品にはすでに何種類か配合されて売られているので、あとは自分のお好みで~選んで使ってみるのも良さそうです。

 

 

しかし、何でもかんでも使って試してみるのも良いですが、出来れば確実に美白効果を実感できるものを使って行きたいと思う人も多いと思うので、そこそこ知られている美白成分の効果を簡単説明してみましょう。

 

美白成分の効果

 

まず、言わずと知れたビタミンC誘導体ですが、ビタミンCをお肌の奥に届きやすくした成分で、成分自体は基本的にはビタミンCです。

メラニン色素を分泌する酵素チロシナーゼの働きを阻害してメラニン色素の分泌を阻害する効果は、他の有名美白成分であるプラセンタアルブチンのメイン機能になっているので、多分このメラニン色素の分泌を阻害~の部分ではこの3種類では効果が拮抗してしまう可能性が高いですね。

メラニン色素の分泌を阻害して行くと、徐々にシミが減って行く事になるのですが、この時のシミは急には減らないで肌のターンオーバーの時間をそのまま回復期間として使うため、早く白くなりたいと考えている人にはイマイチ美白速度が遅い!と感じてしまうかも知れません。

所が、このシミや日焼けの肌の原因となっているメラニン色素を還元して元の肌色に戻してくれる効果があるのがビタミンC誘導体だけなので、他の美白成分を使い続けているうちは、なかなか肌が元の肌色に戻らなくてヤキモキする事が多いと思うので、早めに肌を戻したいと考えている人は、なるべくビタミンC誘導体の入った美白化粧品を使うと良さそうです。

とりあえず、他にも色々な美白成分があるので、自分の肌に合いそうな成分を使ってみて欲しいと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました