子ども部屋は必要?いらない?個室を与えるのはいつからなの?

子育て

子供が入学を目前にして思うことは、

「そろそろ子供部屋を作ってあげないと」

ということです。

 

しかし、本当に子供部屋は必要なのでしょうか。

 

一昔前まえは、子供は親の背中をみて育つと言われてきましたが、

現在ではこの言葉も死語となってしまったような気がします。

 

 

現状では、父親や母親の仕事が何か具体的に知らない子供たちが多いです。

仕事をする親の姿を見ることで、子供には親に対する敬愛の念が芽生えてきて、

仕事に対するあこがれと、いつかはこうして働くのだという自覚が育ってくるのです。

 

そこで今回は、子供部屋の在り方について考えてみました。

これが正解だということはありませんが、参考程度に聞いて下さい。

 

スポンサーリンク

子供部屋は本当に必要なのか

 

 

子供部屋が必要かといえば結論から言って小さい頃は必要がないと思います。

 

しかし、現実はそうはいかないです。

子供を持つ親としては子供部屋を作るかは大変重要な問題です。

 

どのような子供部屋にするかで、子育てが左右される大切な空間です。

適当に部屋を与えておけばよいというものではありません。

 

子供部屋は、単に勉強をする部屋、寝る部屋、プライベートな時間を過ごす部屋ではなく、

子供部屋は、子供の心を育て、親子の絆を深める役目もしています。

つまり、子供との関係を見つめ直す良い機会でもあるのです。

 

子供を孤立させない部屋つくり

 

 

子供部屋をつくる場合、子供を孤立させるような部屋をつくらないのが鉄則です。

近年の核家族化により間取りもずいぶん変わってきました。

一般的な間取りは、

リビング・ダイニング・キッチン・主寝室・フリールーム

といった部屋割りになっています。

 

 

必然的に子供部屋はフリールームに割り当てられます。

しかし、これでは子供が孤立してしまい、

ご飯を食べ終わればそそくさと自分の部屋に籠ってしまうということになります。

 

最近よくいわれるのがコミュニケーションが大切だという言葉です。

しかし、子供を家の中で孤立させるということは、

家族の中に子供の居場所をなくすのと同じです。

 

 

子供部屋を作る前に、

家族がみんな集まって居心地のよい空間をつくることが大切です。

 

年齢と共に部屋も変化させる

 

子供部屋は成長に応じて必要になってくる

最小限のプライバシーの確保と自己管理を学ばせる場所という考え方です。

 

幼いころは、兄弟・姉妹が共同でつかう部屋として確保してあげることです。

間取りに余裕があるのならば8~12畳程度の部屋を共同で使わせ、

ある程度の年齢になれば、家具で間仕切り壁をつくり2部屋に分けるのです。

 

 

この場合、出入り口を2か所設けるようにすれば

独立した部屋として十分使うことができます。

 

将来は独立して家を出るということも頭においておく必要があります。

子供の分だけ部屋を作っても子供が独立した後は

空き部屋になってしまい無駄な空間ができてしまいますので

将来の展望も視野においてつくることが重要です。

 

 

居心地のよい子供部屋はNG

 

 

 

一般に、小学校の低学年までは、

遊びや勉強の場をリビングなどの

親の目の届くところに設けるのが望ましいと言われています。

 

 

この時期の子供は、親の視線を感じながら遊んだり勉強したりしています。

学年が上がっていくにしたがい、自分のエリアを持ちたがります。

 

子供も中学生ぐらいになると、親の干渉をきらい、

自分だけの空間を欲しがります。

 

ドアに鍵をかける、家族を絶対いれさせないというのは行き過ぎで、

自分で掃除などの管理をさせつつ家族も気軽に出入りできるというのが理想です。

 

一見難しいように思いますが意外と簡単で、それまでの積み重ね次第と言われています。

難しい思春期を親子共々うまく乗り切るには、

幼いころからコミュニケーションを充分にとることが大切です。

 

 

居心地の良い空間と言えばどのような空間を連想しますか?

陽当たりが良く、広さもそこそこあって、

空調などの設備が整っている空間を想像しませんか?

 

 

こんな空間だと子供ならずとも大人でも大歓迎です。

そもそも居心地のよい子供部屋は、家族とのかかわりをこばみ、

非行や引きこもりの温床になりやすいと言われています。

冷たい言い方かもしれませんが、

広さや陽当たり、設備機器など揃っていなくてもよいのです。

 

子供部屋は、適度な睡眠と勉強できる環境させ整っていればそれで充分です。

少し付け加えるなら、

南向きの部屋よりも北向きの部屋のほうが勉強がはかどるというデーターもあります。

 

まとめ

子供部屋は、小さい頃は必要なく、

年頃になると必然的に欲しがるようになります。

 

その場合は、家族と孤立しないように配慮する必要あります。

また、子供のためと思い居心地のよい空間をつくる必要もありません。

 

子供が独立した後のことも考えて子供部屋をつくることも大切です。

これらを踏まえて、良い家族関係を築ける空間をつくっていただければうれしいです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました