新学期にストレスを抱える子どもたち! ママはどう対処したらいい?

子育て

 

新学期は、新しい学校やクラスでの生活が始まります。

このことが、子どもたちの心に重くのしかかってしまう場合があります。

新しい環境や人間関係に慣れなければというプレッシャーが、ストレスになってしまうのです。

では、新学期、我が子がストレスを抱え込んだ場合、どう対処したら良いのでしょうか。

ストレスに負けない心を育てる方法と共に、お話していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

新学期、ストレスを溜め込んでしまった子どもにはどう接したら?

 

 

子どもは、ストレスを溜め込んでも、自分からそれを話そうとはしません。

なので、ママが子どもたちの様子を察知してあげる必要があります。

例えば、「最近口数が減った」「上の空で元気がない」という様子なら、要注意です。

又、突然感情をあらわにするようになったり、赤ちゃんのようにぐずったりする場合も同様です。

これらは、ストレスによって、心のバランスを崩しているというサインです。

 

でも、「何かあったの?」と無理に聞き出そうとしてはいけません。

かえってそれがプレッシャーになり、心を閉ざしてしまう可能性が高いからです。

 

 

このような時は、まず子どもの手を握ったりして安心感を与えてあげてください。

スキンシップは、子どもの心の落ち着きを取り戻してくれる特効薬ですよ。

 

 

そして、「いつも頑張っていて偉いね」などと褒め、自信をつけてあげましょう。

「ママはいつも味方なんだからね」と声をかけて安心させてあげるのもいいですね。

 

 

但し、「頑張れ」といった、発破をかけるような言葉はNGです!

逆に緊張感を高めてしまい、「これ以上何を頑張ればいいの?」とパニックになってしまいます。

 

もし体力的に余裕があれば、気分転換に外へ連れ出すこともオススメです。

日常から離れて思いっきり楽しむうちに、子どもは自然に明るさを取り戻すことが多いようですよ!

 

 

子どもがストレスに負けない心を作るためには

 

ストレスに負けないよう、子どもの心を鍛えるためには、いくつかポイントがあります。

 

まず、根性論で子どもを鍛えようとしてはいけません。

そのようなことをすると、子どもは委縮してしまい、余計に打たれ弱くなります。

プレッシャーを糧にする子どももいますが、そのような子ばかりではありません。

大切なことは、「いつでも落ち着いていられる状態を作ること」です。

 

そのために必要なことは、規則正しい生活です。

バランスの良い食生活と早寝早起きの習慣で、体と脳の状態が安定します。

それによって、心身に余裕ができ、ストレスに負けない心のベースが出来上がります。

 

もう1つ大切なことは、家族間のコミュニケーションです。

できる限り、家族間での会話の時間を増やすようにしてください。

 

 

それによって子どもは、「困ったことがあったら、家族に話せば大丈夫」と安心感を抱きます。

「いつでも自分の味方が近くにいる」という感覚を、ぜひ体感させてあげてくださいね。

 

 

まとめ

 

新学期は、子どもがストレスを溜め込みやすい時期です。

 

この状態を見逃してしまうと、そのまま心を閉ざしてしまうことがあります。

子どもがいつもと違った様子を見せたら、温かく支えてあげてください。

 

 

プレッシャーをかけるのではなく、安心感と自信を与えてあげましょう。

又、子どもがストレスに負けないよう、強い心を育てることも大切です。

そのためには、生活習慣と家族間の絆が大切なポイントになります。

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました