子どもの入学式に着物で出席するとしたら? 押さえておきたいマナーを紹介!

マナー

 

入学式は我が子の大きな晴れ舞台ですよね。

なので、精一杯お祝いしようと、着物で出席する人も多いようです。

ところが、着物は、マナーを知らないと恥ずかしい思いをしてしまいます!

そこで、着物で入学式に出席する場合、ぜひ知っておきたいマナーを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

入学式に着る着物ってどんなもの?着てはいけない着物ってあるの?

 

入学式はフォーマルの場なので、普段着の着物で行くのはNGです!

では、普段着の着物とはどんな着物かと言うと、「小紋」と呼ばれる着物です。

 

入学式ではNGな普段着の着物 小紋の特徴

 

小紋とは・・・着物全体に細かい柄が均一に描かれている着物です。

 

例えば、小さなかわいい花柄が、全体にバランス良く描かれている着物がありますね。

女性に好まれる素敵な着物ではあるのですが、残念ながら、普段着なのです…。

 

では、フォーマル用の着物だったら何でもOKなのでしょうか。

既婚女性のフォーマル着物は、「留袖」「訪問着です。

留袖も訪問着も、「広げると1枚の絵のようになっている豪華な着物」です。

 

 

よく結婚式で、新郎新婦の親族が着ている着物と言うとわかりやすいですね。

 

 

ところが、留袖・訪問着は、子どもの入学式には少し重過ぎてしまいます。

 

入学式の主役は、お母さんではなく子どもですね。

付き添いのお母さんは、子どもを引き立てる役に回らなくてはなりません。

なので、留袖・訪問着だと、華やか過ぎて目立ってしまうのです!

 

 

入学式に適した着物は?

 

このことから考えると、入学式の着物は、略礼装と呼ばれるセミフォーマルの着物が良いでしょう。

具体的には、「付け下げ」「色無地」と呼ばれる着物です。

 

付け下げ

 

付け下げは、着物の裾部分や袖部分にシンプルな柄が描かれている着物です。

着物全体に柄が描かれていたり、柄が絵のようにつながっていたりすることはありません。

 

 

 

 

色無地

一方、色無地は、黒以外の色の無地の着物です。

 

仕立てる時に、背中に1つ自分の家の紋を入れれば、どこへ着て行っても失礼になりません。

 

 

注意!但し、入学式で色無地を着る場合は、グレー以外の色を選んでください。

グレーの色無地は、法事の時に着るものだからです。

 

 

 

 

 

 

帯はどんなものがいい?

 

そして、付け下げ・色無地の着物を着る時は、袋帯というフォーマル用の帯を合わせましょう。

 

 

 

 

 

着物着用時の髪型やメイクなど押さえておきたいマナー

 

 

着物で入学式に出席する場合、髪型やメイクにも気をつけたいものです。

髪型は基本的にはアップスタイルが理想で、後れ毛が出ないようにセットしましょう。

 

フォーマルの場では、だらしない印象の髪型は厳禁です。

髪が短い人はそのままでもOKですが、髪が肩に付く長さなら、きちんとセットしましょう。

 

 

 

 

 

又、メイクは派手になり過ぎないようにする必要があります。

原色系やダーク過ぎる色の化粧品・ラメが入った化粧品は、できるだけ控えてください。

ベージュ系や薄いピンク系の化粧品を使うと、品良くキレイに仕上がります。

 

更に、足元もいくつか気をつけるポイントがあります。

履物は下駄ではなく、草履を履いてくださいね。

 

 

 

そして、足袋は色や柄のついたものではなく、白の足袋を履きましょう

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

着物は、最初に覚えなくてはならないマナーがあるので、大変そうに感じますね。

でも、1度マスターしてしまえば、堂々と着物で出かけることができますよ!

お子さんの晴れ舞台である入学式に、ぜひ着物でお祝いに行きませんか?

着物で出席してくれたお母さんを見て、お子さんもきっと誇らしい気持ちになりますよ。

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました