小さい頃から片付けない人は、大人になっても片づけない

掃除-収納
スポンサーリンク

お片付けが苦手な人・・・

 

多分片付けると言う行為は血液型の判定や占いと同じで、やる人とやらない人に分かれると認識しておいた方が良さそうです。

と言うのも、子供の頃にたくさん親におもちゃを片付けろと注意されまくった経験のある友人の多くが、大人になっても片づけが非常に苦手だったり既にするのを諦めた!と言う人ばかりなのです。

苦手な事を無理やりやらせても良い結果が得られないと言って、全く片づけをしない人もいるのです。

 

 

確かに、片付けが上手で早く出来る人は自分で率先して片づけをして行く傾向にあるので、家族や友人に片付けをしない人がいると信じられない!と言う様な反応をする人も多いですが、そもそも片付けられる人とそうでない人は、地球人と宇宙人ほどに差があると認識してもらいたいものですね 😉

 

 

とりあえず子供の頃から片づけ苦手な状態で大人になってしまった人は、もう結婚する時は片付け上手な奥さんや旦那さんを見つけなさい!とか言われがちなんですが、ココは実は片付けが苦手な者同志でくっついた方が良いのです。

 

 

片付けが苦手な人同士がうまくいく?

 

友人夫婦の話

 

実は、自分が片付け苦手だからと言って片付け上手な奥さんと結婚した友人が居たんですが、彼の趣味はプラモで、ミリタリー系からアニメまだ幅広く網羅していたのです。

彼の作品は透明なアクリルまたはガラスケースに入れられて展示されているものも多かったですが、他の展示できないプラモは押し入れに眠っていたりまたは本棚の上に雑然と置かれていたんですよね。

ある時、このプラモのうち十数点を奥さんが勝手に捨てたそうなんですが、その理由が、本棚に本を入れたいから邪魔なプラモを捨てた!と言うのです。

 

プラモコレクターから見たらかなりの憤りを感じても仕方が無いと言うか当たり前の出来事ですが、素人さん~カタギの人から見たらプラモはゴミだったんですね。

 

 

なので、ゴミと認識したモノを捨てるのは当たり前と言う概念の元~彼のコレクションの一部が失われてしまったわけです。

 

そんな事があってから数か月後二人は離婚してしまうのですが、離婚協議など諸々の物議をかもした際にやはり一番悪いと言われたのは片付けるのが好きな奥さんの方でした。

 

まとめ

 

つまり、片付け上手の方が世間一般的には良さそうにも思えるけど、実際の所片付けは程々にしている人または片付けが苦手な人の方が世の中では理解されやすい?と言う事かも知れません。

 

こまこ

子供が全然片づけをしてくれなくても、将来的に何かの趣味に走ってそのコレクションだけはキレイに片付けられたり整理整頓が出来る様になっていたら、その部分だけでも褒め称えて欲しいと思います。

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました