体型が崩れて着れなくなった服が増えても断捨離しない方が良い?

生活
スポンサーリンク

断捨離が流行りました

 

何年か前に、、要らない着ない服は~特に2年以上着ていない服は捨ててクローゼットやタンスをスッキリさせよう!と言うのが流行ってからと言うもの、日本全国津々浦々の主婦の皆様は、若い頃に着ていた思い出のある服からつい最近買って着れなくなった服まで一気に捨てる!と言う現象が起きましたね。

 

[speech_bubbletype=“drop” subtype=“L1” icon=“komakologo.jpg” name=“こまこ”] 実は私もその一人・・・ 後悔していることもあります・・・ [/speech_bubble]

 

 

 

お蔭?でアパレル業界が少し活性化?したかも知れないのですが、本当に服をそんなに簡単に捨ててしまえるものなのでしょうか?

 

確かに捨てる時かなり心が痛んだけど、捨てた後の方がスッキリしていたと言う人も多いので、着れなくなった服を捨てると言う行為にある意味、快感を感じられた人には断捨離は良い事だったのかも知れません。

お部屋もタンスもスッキリして新しい服を迎えることもできますしね。

 

 

妊娠出産で服が着られなくなる

 

ただ、中には泣く泣く捨てたと言う人も多いと思うので、断捨離が全て良いとも限らないのです。

そんな断捨離ですが、特に女性で突然昔の服が着られなくなってしまう現象の一つに妊娠して出産をすると言うのがあります。

 

 

妊娠してお腹が大きくなって出産して痩せる?と思いきや、なかなかどうして妊娠前の体型にはなかなか戻らないのです。

 

なので、ある一定時期に来るともう、かつての体型に戻る事は二度とないだろうと悲観して断捨離に踏み切ってしまう人が多いのですが、その時買った思い出の服やお気に入りの服をそんなに簡単に捨てないで欲しいですね。

 

と言うのも、妊娠や出産で太ってしまった体型は、じっくりと根気よくダイエットに取り組んで行けば早い人で5年以内に、長くても10~15年の間には妊娠前の体型に戻る事も可能なのです。

 

ただし、果報は寝て待てと言って寝て待っていても戻らないので、何かしらのダイエットや運動を継続して行くことが重要になって行きますが、かつての体型の戻る事は可能なので、昔のお気に入りの服はなるべく持っていた方が良いのです。

 

 

特に、ドコも傷んでないのにただ着られなくなっただけの服はまだまだ保管しておいて、体型が戻ってきた頃にぜひ着て欲しいですね。

 

実はファッション業界の流行は、何年か置きに昔の流行が巡ってくる仕組み?になっているので、昔に買ったその頃の流行の服は10年後にまた流行る可能性もあるのです。

 

昔の服を引っ張りだしてきて 今来ていますよ~

ガウチョパンツなんて一昔前にも流行ってましたしね。

捨てないで良かった 🙂

 

更に、10年前に流行っていた時に作られた服の方が仕立てが良かったりデザインが洗練されていたりしている場合が多いので、確実に残しておいて欲しいのです。

 

また流行り廃りのないデザインであれば、ただサイズが変わってしまったので

捨てるのは勿体ないです。

 

まとめ

と言う事で、もうこの体型は戻らないと諦めずに根気よくダイエットを続けて、昔着ていたお気に入りの服をもう一度着られる様になって欲しいと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました