乾燥肌の対策は?肌の保湿だけではなく水分補給も必要

未分類

風がつめたいし、気温も低くて寒いし、つい室内でエアコンやストーブを付けて

ぬくぬく過ごす、なんて機会も増えてきています。

 

暖かいのは良いのですが、そこで気になってくるのが

乾燥です。

 

スポンサーリンク

乾燥してきたな?と感じると・・・

 

喉もカラカラになりますし、肌もカピカピ、唇ガサガサ…

乾燥のせいでかゆみさえ感じてくることもあります。

 

肌が乾燥して来たな?と思ったら、大抵の人はスキンケアで肌の上から保湿する事が多いと思います。

 

 

 

しかし、肌の上からだと根本的な感想を防ぐことは出来ないので、

出来れば口から水分補給をして肌の乾燥を防いで欲しいのです。

 

 

水分補給してるよ!と思っていても

 

 

そんな水分補給しているだけで肌の乾燥が防げていたなら、毎日何かしら飲んでいるから乾燥肌になりにくくなったりしていてもオカシくない!

 

と思っている人は、もしかしたらお茶やコーヒーを飲んでも肌の乾燥を防げると思っている人かも知れませんね。

 

 

お茶やコーヒーは水分補給に適している?

 

実はお茶やコーヒーにはカフェインが含まれているので、身体に吸収されるよりも尿として排出される方が多くなってしまうのです 🙁

 

 

カフェインには利尿作用があるので、よくコーヒーを飲む人はトイレが近いと感じている人もいるかも知れませんね。

 

 

肌の乾燥対策

 

普通の水を飲もう!

 

 

肌の乾燥を防ぐために飲むも飲み物は、出来れば普通の水を飲むようにして欲しいのです。

身体に水分を補給しやすい経口補水液もイイですが、何も不純物の入っていない水の方が体に吸収されて血管を巡って肌に到達するまでの時間が非常に短いので、冬でも常温の水を飲むようにして欲しいのです。

 

カラダを冷やさないという点でも、私は常温水、もしくは50度くらいの白湯を飲んでいます(^ ^)

 

 

常温の水を飲んでから腸内に達するまでには10~20秒と早く、その後吸収されて乾燥している肌に水分が到達するまでにかかる時間(口から入って)は、約1~5分程度と言われているのです。

 

 

 

肌の乾燥の原因は、暖房機から排出される熱風だったり外の乾燥している空気だったり~と様々ですが、肌の表面から保湿してもしっかり肌の奥まで水分が行きわたるのではなく、せいぜい角質層まで暗いしか水分が入って行かないので、それで保湿をしっかりしていても肌が乾燥して行ってしまうのです。

 

 

身体の中から水分補給をして、肌の奥から潤って来る様に仕向けなければ、いつまで経っても乾燥肌からは脱出できないと考えた方が良さそうです 🙁

 

 

おススメは

 

 

水分補給をする時に飲む水は、出来れば軟水を飲むようにするのがお勧めです。

カルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分がたくさん入っている硬水の場合は、

腸に到達した後の吸収までに時間がかかる場合があるので、確実に肌の乾燥を防ぎたい!と言う人は軟水を買う様にしたり、カフェインの少ないまたは入っていない飲み物を飲んだりする様に心掛けていきましょう 😀

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました