手洗いうがいをしていても、風邪をひく?風邪をひいた時の対処法

生活

インフルエンザも流行っているようですし、街中でもマスク姿の方を多くみかけます。

この時期は本当に風邪をひきたくないので、とくに手洗いうがいをしっかりしよう!

と意識しますね。

 

スポンサーリンク

手洗いうがいをしているのに風邪を引いてしまった!

 

 

今!正にそんな状態!と思った人はかなり多いかも知れませんが、

毎日欠かさず手洗いうがいをしていても、何らかの条件が蓄積してしまうと風邪は引いてしまう様な気がします。

 

 

例えば、連日寝不足状態だった!とか、連日疲労が蓄積してた!とか、ここ数日微熱が出ていた?とかが続いていた人は、確実にがっつりとした風邪をひく予備軍だったと考えられるのです。

 

どこかの段階で進行を止められたらよかったのですが、前もって風邪薬を飲んでいても特に効果を感じられなかったり、風邪薬は飲むと眠くなるから仕事に支障が出て困るなど、色々面倒な展開になりやすいことから進行の予防が出来なかった人も多いのです。

 

実践!風邪の予防方法

 

その、風邪の進行を遅らせたりまたは止める方法ですが、まずはとにかく手洗いうがいをする事は大前提で、次はマフラーを巻くのが効果的です。

 

 

マフラーの効果

 

マフラーは首全体を温めて呼気が身体に入る際に冷えにくくしてくれたり、また首の後ろには体温調節に関わるツボが存在している事から、その部分を温める事により風邪をひいても熱が出にくくなったりまたは身体が冷えにくくなったりするので、それで風邪の進行を遅らせることができるのです。

 

帽子を活用

 

他にも、帽子をかぶると頭皮から外気の寒さの伝わりを阻害する事が出来ますし、温かい飲み物や食べ物だけを食べる様にするのも効果的です。

 

 

とにかく身体を冷やさない

とにかく、風邪を予防するのには身体を冷やさない事が大前提だと言われているので、なるべく確実に身体が冷えない様に工夫して生活して欲しいですね。

また、風邪を引いたらお風呂に入ってはいけない~と言う迷信もありますが実際はむしろ入った方が良くて、入って身体をしっかり温める事で風邪を治す近道にもなります。

 

ただ、体温が38℃以上の場合は入るのを控えた方が良いので、平熱か37℃程度の時だけ入る様にしましょう。

 

 

風邪の時に食べるとよいもの

 

ビタミンC

 

風邪ひき中に食べると良いものですが、喉が痛いときにはだいこんの汁を飲むと良いとか言われていますが、風邪への抵抗力を高めるのにビタミンCが有効だそうなので、ビタミンCが多く含まれている果物をたべたりサプリメントを飲んだりして、身体の抵抗力を高めて欲しいですね。

 

意外なカレー効果

あと、意外と効果があると言われているのがカレーで、カレーは基本的にスパイスの集合体と言うかスパイスが原材料と言うか~な食材なので、風邪を引いた時に風邪の症状を緩和してくれる成分がたくさん入っているのです。

 

なので、風邪を引いた人に食べさせる料理としてお粥を作る人が多いですが、お粥では身体の風に対する抵抗力が殆ど得られないので、出来ればカレーをたくさん作ってルーを多めにかけて食べさせる様にしてみてくださいね。

 

これで、今までの風邪対策よりはかなり風邪の進行を遅らせたり治したりする事が出来ると思うので、是非挑戦してみてください。

 

 

あわせてよみたい

寒暖差アレルギー?朝起きて鼻詰まりになりやすい人はアレルギーの可能性があるかも
この時期、朝の気温が冷え込んで寒々しくなって来るとどうしても室内の空気もかなり冷え込んできます。 夜寝る前は暖房でかなり暖かくしておいたはずなのに、夜の間に冷え込んでしまうのです。 布団にくる...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました