昼休み中の電話対応する?しない?

職場での昼休み休憩については、
まだまだ色々な問題点があります。

普段どのように昼休みを過ごせていますか?

職場の環境や職種によっても変わってくると思います。

・昼休みの時間になったら一斉に昼休みになる職場
・交代制の職場

そんな中、今回は昼休みの電話対応について考えていきます。

昼休み(休憩時間)について!

休憩時間については労働基準法で決められている事です。

・6時間以上8時間以下の場合45分
・8時間を超える場合少なくても1時間

と決められていますが、
何をしても良い自由な時間ではありません。

就業規則(会社のルール)を守りながら、
仕事から離れ、自由に休憩時間を利用する事です。

この就業規則と言うのがなかなかくせ者です。

例えば、
外出は禁止で外出が必要な場合は、
上司の許可が必要とか、届け出が必要なところもあります。

休憩場所が指定されている場合も多いです。

昼休み中の電話対応について!

本来なら、休憩中は電話の対応をしなくてもよい環境を、
会社側が整えなければなりません。

これが守られていない会社は、
労働基準法に違反している事になります。

電話対応する人を残さないで、
一斉に昼休みに入る会社の場合。

留守番電話になり、
お昼休みのメッセージが流れる様にしているところもありますよね。

しかし、ここまでしっかり対応している会社は、
かなり少ないのではないでしょうか?

私もこの対応をしている会社に勤務した事はありません。
職場での昼休み中電話の対応はどんな気持ち?

朝から仕事をして、
やっと長い昼休みの休憩時間。

美味しい物を食べる人
みんなでおしゃべりしてリフレッシュする人
独りでボーっとしてウトウトする人

それぞれ仕事の疲れを少しでもとりたい時間ですよね。

そんな時、
電話が鳴ったらどんな気持ちになりますか?

きっと嫌な気分になる人が多いのではないでしょうか?

しかしちょっと待ってください。

電話の相手も社会人(大人)です。
きっと「お昼の時間に申し訳ない」とおもっていると思います。

電話の対応は声だけのやり取りになります。

嫌な気分で話をする声と、
気持ち良く話をする声とでは、かなり違いが出ます。

ここはやはり社会人として、
気持ちを切り替えて、電話の対応をしてみませんか?

昼休み中であっても、
仕事として気持ち良く電話の対応をする事によって、
自分のストレスにもならないと思いますよ。

ただし、電話の対応にかなり時間をとられた場合。

その分の時間は休憩時間を長くとれる職場が良いですよね。

まとめ

職場での昼休みはとても大切な時間だと思います。
しかし、電話の対応も大切な事です。

職場にいる以上は昼休みであっても、
自分の中で

「気持ち良く仕事を行う!」

と言う気持ちを持ちたいですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。