眼鏡の処分方法は?不要なメガネの捨て方を調べてみました

私は小学4年生の時から視力が低下しており

眼鏡生活ですので、もう20年以上眼鏡をかけております。

昔はメガネ1つ作るのにも何万円もして、

本当に親泣かせな子供でしたね。

プラスチックのメガネは軽くて壊れにくくて良かったんですけど

お風呂につけて入ったり、メガネをかけたまま寝たりして

劣化も早かったです。

視力もどんどん低下してきて何度も作りなおしました。

最近ではローコストメガネ店もたくさん登場してきて

こんな値段でメガネが買えるの!!?

というくらい安くてビックリします。

もうファッション感覚でメガネを何本も作ったりしています。

さて、こんなに気軽にメガネを作れるようになったのは良いのですが、

自宅や実家にこれまで作ったメガネがそのまま放置してあります。

これまでのメガネ経歴を考えるとその数もスゴイです。

今年は断捨離にもはまりましたし、これらのメガネを処分したら

新しいスペースも出来るのでお家もすっきりするかなぁと

重たい腰をあげて メガネとケースを処分することにしました。

メガネってどうやって処分したらいいの?

さて 処分しようと思って困ったことは

メガネってどうやってすてるの?ってこと。

レンズもフレームもプラスチックであれば

ブラスチックゴミなのかな?

でも私が住んでいる地域はプラスチック識別マークが

ついていないものは プラスチックゴミにはだせないしなぁ・・・

このマークが付いているものはプラスチックゴミとしてだせるんですけどね。

フレームに金属がつかわれているのは粗大ごみの時の

金属複合ゴミ?

うーん・・・困った。わからない・・・

とりあえず住んでいる地域によってゴミの捨て方も異なりますので

「●●市 メガネ 捨て方」

と検索してみましたら、

市のホームページのリサイクル推進課のごみ分別表にいきあたりまして、

捨てたいものの頭文字でどのように処分したらよいのか検索出来るページを見つけました!

それによると

私の住んでいる地域では メガネはなんと可燃ごみ

そのまま燃えるごみとして捨ててもいいんです!

紙屑などと一緒にごみ箱にすてるのはとっても気が引けましたが、

可燃ごみですので 思い切ってポイしました。

その他 今までどうやって捨てたらよいかわからないものの捨て方も

掲載されていたので、読んでいて楽しかったですし、参考になりました。

普段 市のホームページなんて見た事なかったのですが

私達が生活する上での大切な情報がたくさん掲載されていたので

今後も何か困ったことがあれば、市のホームページをのぞいてみようと思いました。

その他の処分方法として

その他 メガネの処分の仕方を調べましたら

販売店で引きとってくれる店舗もあるようです。

引きとられたメガネは地球の資源として再利用されたりするそうですよ。

これは販売店によって対応が異なりますので、購入されたお店で確認された方が

良いかもしれません。

またフレームはまだ使えそうであれば、レンズだけ入れ替えたり、

サングラスにしたり、ブルーライトカットレンズを入れて

パソコンやスマートフォンを使用する時専用のメガネとして利用するのも良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。