東京で子連れ花見を楽しむならココ! 都内の桜イチオシスポット3選

季節の行事

都内でお花見をする場合、「混んでいて場所が取れない」ということが多いですよね。

でも、穴場のスポットを見つければ、のんびりと桜を楽しむことができます。

そこで、都内にある、穴場のお花見スポットを紹介します!

お気に入りの場所を見つけて、美しい桜を思う存分堪能してくださいね。

 

 

スポンサーリンク

混みあわない都内の穴場お花見スポット

 

どうせお花見に行くなら、人混みを気にせず楽しみたいですよね。

そこでまずは、都内にある穴場のお花見スポットを紹介します。

 

お花見スポット① 新宿御苑

 

 

まずオススメしたいのは、新宿にある「新宿御苑」です。

 

「え、有名だから混み合うんじゃないの?」と思うかもしれませんね。

 

確かに有名なお花見スポットなので、たくさんの人が集まります。

でも、園内がかなり広いので、「混んでいる」という感じにはならないのです。

 

なので、お弁当を食べるための場所取りも、比較的ラクにできますよ。

新宿という都会の中にありながら、広々とした空も楽しめます。

天気が良ければ、心がキレイに癒される、最高のお花見スポットになりますよ!

 

 

 

お花見スポット② 皇居東御苑

次にオススメしたいスポットは、千代田区竹橋にある「皇居東御苑」です。

 

文字通り、皇居の敷地内にある東御苑は、知る人ぞ知るお花見スポットです。

皇居の敷地の中なので、常にきちんと整備され、良い気が流れています。

そう、この場所はお花見スポットであるだけでなく、パワースポットでもあります。

気が整った場所で静かに桜を楽しみたい人には、うってつけの場所ですよ!

春は疲れることの多い時期でもあるので、皇居東御苑で心を落ち着けるのもいいですね。

 

 

 

 

お花見スポット③ 六義園

 

お花見シーズンの楽しみの1つは、ライトアップされた夜桜です。

この時期にしか楽しめない、幻想的な風景を堪能しに行きませんか?

 

都内で夜桜が楽しめるイチオシスポットは、駒込にある「六義園」です。

 

六義園では毎年、3月後半~4月の初めにかけて、桜のライトアップイベントを開催しています。

普段は夕方までしか開園していませんが、この期間だけは夜21時まで楽しめます。

土日はかなり混み合うので、平日の夜に行くことをオススメします。

園内には抹茶を楽しめるお茶室があり、夜の時間帯も営業しています。

抹茶と和菓子をいただきながら夜桜鑑賞をするのも素敵ですね。

ちなみに、入園料は、中学生以上300円、65歳以上150円、小学生以下無料です。

 

 

まとめ

 

 

今回紹介したお花見スポットは全て、実は「お酒持ち込み禁止」なのです!

宴会で来る人がいない分、混雑もそこまでではありません。

そして何より、大騒ぎする人がいないので、静かに過ごせるのが嬉しいポイントです。

どこも素晴らしい雰囲気なので、じっくり桜を堪能するのにピッタリですよ!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました