外国人に折り紙を説明するときに知っておきたい日本文化の歴史とは

未分類

 

子どもの頃、恐らく、誰もが1度は折り紙で遊んだことがあると思います。

実はこの折り紙、ただの子供の遊びではなく、かなり奥深い文化なのです!

 

スポンサーリンク

海外でも人気! 実はかなり奥が深い、日本の折り紙文化

 

その奥深さや創造性に惹かれ、折り紙は、海外からも人気を集めています。

もし外国の方に折り紙を説明するとしたら どういう説明をしますか?

 

日本文化に興味のある方に教えてあげたら喜ばれる

日本人でもあまり知らない折り紙文化について、ちょっと勉強しておきましょう!

 

 

 

日本の文化は紙と共に歩んできた

 

 

実は、日本の文化は、「紙を折ること」と共に歩んできたと言われています。

 

 

遠い昔、折り紙は何と、「神様への捧げもの」だったということを知っていますか?

昔の日本の神職の人たちは、祈祷をする時、必ず、紙を美しく折って捧げたそうです。

 

 

浄められた紙を美しい形に折るということは、神様への敬意の表れだったのですね。

今でも、神社や皇室での祈祷の際は、この伝統が受け継がれているそうです。

これが折り紙の始まりだったとは、何だか背筋が伸びる思いですね。

 

その後、貴族などの上流階級の人たちが、

日常の中に「紙を折る」という文化を取り入れました。

 

 

 

例えば、源氏物語や枕草子には、恋文(ラブレター)の話が出てきますね。

この時代の人たちがこだわったのは、恋文の文章内容だけではありません。

美しい紙を選び、美しい形に折って、好きな人に自分をアピールしたのです。

 

武士の時代に入ると、「紙を折って物を包む」という文化が広がりました。

物やお金をむき出しにして渡すのは、失礼だという発想から生まれたそうです。

 

 

 

この名残が、「のし袋」」「のし紙」「ポチ袋」として、今も受け継がれています。

ちなみにこの文化を「折り形」と言い、昔は花嫁修業の必須科目だったそうですよ!

 

 

今のような「折り紙遊び」が生まれたのは、江戸時代だと言われています。

町人による「元禄バブル」で、高級品だった紙が、一般の人にも広がったのですね。

粋でオシャレな柄の「千代紙」が生まれたのも、この頃です。

たくさんの人が、センスの良い千代紙選びで、自分の個性を表現して遊んでいたそうです!

 

 

折り紙遊びは、コミュニケーションや脳トレにも生かされている!

 

padrinan / Pixabay

 

 

 

さて、現代では、折り紙は昔と違った楽しみ方で注目を集めています。

 

1つ目は、「コミュニケーションの一環として使う」という楽しみ方です。

今、色々な場所で折り紙教室が開かれており、人と人の交流に役立っています。

 

 

「手を動かして作る喜び」をみんなで共有することで、良い雰囲気ができるのですね。

最近は、外国人観光客向けの折り紙レッスンも増えてきました。

折り紙で「作る喜び」をシェアし合い、国境を越えた交流に繋がっています。

 

 

 

もう1つは、「脳トレとして役立てる」という楽しみ方です。

手、特に指先を使った細かい作業は、脳がフル回転して活性化すると言われています。

折り紙は正に、指先を細かく使った遊びですよね。

この効果が介護や医療の現場でも見直され、脳トレとして取り入れられているそうです。

実際に、「少しずつ脳が活性化している効果が実感できる」という声も多いようです。

 

 

まとめ

折り紙は、神様への捧げものから始まり、今では脳トレやコミュニケーションにも使われています。

ただ折って遊びだけではなく、幅広い楽しみ方・役立て方があってびっくりですよね!

 

 

そして時には子どもの心に戻って、時間を忘れて折り紙を折ってみませんか?

 

海外の方とのコミュニケーションの一つとして

一緒に楽しんでしまいましょう♪

 

 

私も、いつもカバンの中に折り紙を忍ばせていますが、折り紙、とっても楽しいですよ!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました