暖房器具選び!赤ちゃんがいるご家庭はこれらに注意!

本格的な暖房器具シーズンが到来していますね!

もうエアコンやストーブ、こたつをだされているご家庭が

ほとんどだと思われます。

我が家も一日中 暖房器具をつけっぱなしです!

お気に入りのストーブがあるのですが、

なんせ長男がまだとっても小さくて、

なんでも興味を持って 触りたがるので

暖房器具には本当に気をつけなければなりません。

こどもがいる家庭の暖房器具やストーブの安全対策について

みなさんどんな対策をされていらっしゃいますか?

寒い時期には欠かせない暖房器具。

子供がいる家庭では暖房器具による火傷なども心配です。

家庭で使用されるであろう器具の危険性について考えてみました。

石油ストーブ

最初に暖房器具による火傷で思い浮かべるのは、石油ストーブによる火傷です。

やはり一番目を離せない器具でもあります。

そのため使用していない家庭も多いかもしれませんが、効率よく部屋全体を温めることが出来るため、寒さの厳しい時には使いたいと思うでしょう。

石油ストーブを使用するならば、ストーブに直接触れないように、柵で囲ってしまうのが一番の安全対策です。

ただ、柵でストーブを囲っても柵のスキマから指を入れてしまう、

柵の上から手を伸ばして触ってしまうなどというケースもあるので、

子供の大きさに合わせた柵選びが必要になってきます。

電気ストーブ

電気ストーブならば、石油とは違って直接炎に触れることがないので安心と思いがちですが、石油ストーブと同様に、熱している箇所に触れてしまえば、火傷は発生します。

また、火ではないので、つい近寄りすぎてしまった結果、フリースのような化学繊維の衣類が溶けてしまい、その結果引火して火傷をすることもあります。

スチーム機能付き暖房器具

その他、スチームの出る暖房器具にも注意です。

スチームの蒸気で火傷するだけではなく、

うっかり倒してしまいスチームのタンクの水をこぼしてしまうという危険もあります。

水がコンセントなどにかかると感電の恐れもありますので、

火傷以外にも期間が潜んでいるのです。

低温やけどにも注意

子供の皮膚は薄いので低温火傷にも注意が必要です。

湯たんぽや電気毛布は直接肌に触れないように長時間使わず、

湯たんぽだったら、布団が暖まったら布団から出す事をお薦めします。

その他にもホットカーペットやこたつも同様に低温火傷を引き起こす原因となります。

低温火傷はじわじわと被害が広がっていきますので、

長時間触れないようにする必要があります。

いずれにしても、子供は予想外のハプニングがつきものです。

どの暖房器具を使うにしても、子供の安全確保のためにこまめな注意が必要ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。