卒乳と断乳はいつからしたらいい?3人子持ちの私の断乳体験談

子育て

 

初めて出産したときに、赤ちゃんが一生懸命おっぱいを飲んでいる姿はとっても可愛いくて感動しました。でもこの授乳タイムとお別れしないといけない日もくるのです。

 

 

こまこ

私が断乳を考えたのは長女が1歳になるちょっと前。

なぜなら育児休暇を取得していたので職場復帰に向けて預ける事を考えていたからです。

 

  • 「1歳過ぎると母乳に栄養がなくなってくる」
  • 「こどもの精神の安定のために好きなだけ飲ませてもいい」

などなど色んな意見がありますね。

 

 

スポンサーリンク

卒乳&断乳とは?

 

 

 

そろそろおっぱいをやめようかな?と考える時期に

よく耳にしたり、目にする言葉として「卒乳」「断乳」があります。

これらの違いをご存じですか?

 

「卒乳」とは子供自身がだんだんおっぱいから離れていき自然とやめること。

こどもが自分から卒業しちゃうんですね。

「断乳」はお母さんの都合でやめることをいいます。

「断」という文字からわかるように 「断つ」んです。

 

断乳は、母乳トラブルや仕事の復帰、お母さん体調を崩して薬を飲まないといけなくなる、

という理由で決断される場合が多いかと思います。

 

 

母乳はいつまであげてもいい?

 

 

私の母世代は1歳を過ぎる頃には断乳するのが主流だったようですね。

今はどちらかというと、子供が満足するまで吸わせて自然とやめる卒乳を勧めているようですね。保険センターの1歳半健診で相談した際も無理にやめる必要はないと言われました。

 

1歳を過ぎるころにはおっぱいの栄養が無くなるといわれる事もありますが、多少不足する栄養素があるそうですが、まったく栄養がないというわけではありません。

おっぱいを満足するまで飲ませた方が大きくなっても精神的に落ち着いた子になるとも言われています。

 

我が家の子供たちはみんなおっぱい大好きで自分から卒乳することはありませんでした。

長女に関しては2歳10カ月まであげていました。

やっぱり周りから色々いわれましたよ(笑

 

特に私の母親にはいつまであげるの~?と言われました。

情報や周囲の人の反応で悩んでしまうと思いますが、それぞれの家庭の事情や子供の成長具合もありますので、時期がきたからという理由だけで無理やりやめる必要はないと思います。

薬の服用などでやむを得ない場合もありますけどね😥

 

 

 

断乳の方法

 

断乳のやり方には、2通り。

 

 

①徐々に飲ませる回数を減らしていく方法

②スパッとやめる方法

 

① 徐々にやめる方法は、昼間は離乳食でお腹が満たされ、遊びに夢中になっていて、おっぱいを忘れやすいので、授乳間隔を空けていき、夜だけ授乳する形にしていく方が多いです。

そして最終的に夜の授乳をやめて抱っこや添い寝で寝かしつけます。

 

② スパッとやめる方法は、数日前から「もうおっぱいとバイバイしようね」ともうすぐおっぱいが飲めなくなることを伝えておきます。

最後に「もうこれでおしまいだよ」と言って飲ませた後は一切あげないようにします。

 

ここで大事なのは母親自身が断乳するという気持ちを固めて揺らがないこと

おっぱいが欲しくて泣いている我が子をみたらかわいそうになってしまって、気持ちが揺らいでしまい、あげてしまいたくなるでしょう。

ですが、ここでは心を鬼にして絶対にあげないんだという気持ちを固めて取組みましょう 😀

 

 

私の断乳体験談

 

 

私の場合が参考になるかどうかわかりませんが、記しておきます。

 

長女は2歳10カ月まで母乳を飲んでいました

 

長女の場合は職場復帰したので、日中は保育園に預けており、搾乳した母乳を持参して、それを哺乳瓶で飲ませるようにお願いしておりました。

 

ですが、先生曰く、

「まったく飲みません」と。

 

お迎えに行くと私に抱きついておっぱいをせがみます。

日中、長女はお茶しか飲んでいないということと、預けているという負い目でいっぱいだった私はすぐに車に乗って授乳して子供が満足したら帰宅するという生活をしていました。

 

今思いだしても 授乳するという行為は、私にとってもこどもにとっても精神安定剤だったと思います。ですので、断乳を決意するも断乳がなかなか進まず、結局断乳することをやめようという心になっておりました。

 

しかしその時はきてしまいました。

 

長女の断乳を固く決意

 

長女の前歯が黒くなっていたのです。

すぐに歯科医院につれていきましたら、やはり虫歯。すぐに母乳をやめてくださいと言われました。なにより3歳前の子供がおっぱいを飲んでいる事にかなりビックリされまして、

おかしい、もう必要ないと散々な言われよう。

 

私自身はもう少しあげてもいいかな?

 

と思っていたのですが、これ以上虫歯を進行させてはいけないということで

受診したその日の夜には

「もうおっぱいはないよ!虫歯になっちゃったからね。」

と言って、一切あげませんでした。

 

もう3歳前ですからね。力も強いし、声も大きいし、

それはそれはものすごい抵抗されました。大声で泣かれました。

でも私の心は揺らぎませんでした。

 

 

するともう次の日には長女は理解してくれたようで、

「パイパイちょーだい」

とは言わなくなりました。食事も普通食だったのでおっぱいをやめた後は

ご飯もたくさん食べるようになり、夜中におっぱいを求める事もなくなり、

一晩中寝るようになりました。

 

私自身もそれまでは夜中にも授乳していたので、ぐっすり眠れたような気がしていなかったのですが、一度も起こされることがなく眠れる様になったので、身体が楽になった事を覚えています。

 

 

次女の場合

 

 

次女の場合も好きなだけ飲ませるスタイルをとっていた私ですが、

これまた長女とおなじく、虫歯が原因で断乳を決意することになります。

 

次女の場合は1歳半検診で虫歯が発覚しました。

発覚した日からもうすぐ飲めなくなるよ~といって、おっぱいが飲めなくなる事を

意識させました。

 

お腹がすいたようなら、水やお茶を飲ませ、食事の量も増やしました。

次女の場合も最初は母乳を欲しがりましたが、食べ物の方が魅力に感じたのか、

早い段階で母乳を欲しがらなくなり、夜の授乳もすんなりやめる事ができました。

 

 

 

 

第三子 長男の場合

 

 

 

今1歳7カ月です。

実は長男も1歳半検診で虫歯がみつかりました。上の子2人の時同様

すぐに断乳にとりかかりました。

 

もうすぐ飲めないよ~!と言い聞かせるも

服の中に手を入れて飲みたいアピール!

その後ずっといいきかせるも、夜の授乳だけがやめられず、

結局 今現在 断乳できていません。

 

もう少し温かくなったら断乳決行したいと思っています。

 

ただし、歯磨きだけはきちんとしてあげないといけません。夜中の授乳も明け方ならあげてもいい(朝食として)という自分のルールを作ってあげています。

 

男の子はやっぱり甘えん坊なのか、上2人とはちょっと違いますね 😳

難しい・・・

 

ですので私の断乳記はまだ続きます!!!

こまこ

それにしても我が家の子供たち全員虫歯が理由で断乳って ちょっと悲しい 😥

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました