幼稚園児や小学生の友チョコは面倒?迷惑?もらったらお返しはどうしたらいい?


■幼稚園児が友チョコをもらったらお返しは?我が家はこんなお返ししました

長女が幼稚園児の時にお友達からバレンタインデーに
チョコレートをいただきました。

可愛いカップにチョコレートが流し込んであり
カラフルなトッピングがされたもので、

貰った時はびっくりしたと同時に

うちも友チョコを渡した方が良かったのかな?
なんせ子供がチョコレートを貰うなんて経験がなかったもんで。

もう自分ではどうしたらいいのかわからなかったので
チョコをくれたお友達のお母さんに聞いてみました。

そのお友達には小学校 中学年のお姉ちゃんがいて
小学生にもなると

手作りの友チョコ交換が流行っているらしく、

そのお姉ちゃんがチョコを作って用意していたので
妹である、娘のお友達も一緒になって作っただけだから

お返しとかも気にしないでー!

と言ってくださったんです。

それでもプレゼントをいただいたわけです~
何もお返しをしないわけにもいかないな、と思い、

うちの場合はホワイトデーに市販の個別包装になっているお菓子(クッキー)を
100均のラッピング袋に入れてお返ししました。

同じように手作りのもの・・・

と考えたのですが、幼稚園児ですし手作りといっても
ほぼ親が作るような形になるのは目に見えています。

市販のお菓子でも可愛くラッピングして
娘が書いたお手紙を添えれば 喜んでもらえるかな?と思ったので

我が家はそういうお返しの仕方をしました。


■ 幼稚園児も友チョコをあげたい!

cherylholt / Pixabay

当時はまだ「友チョコ」という言葉も出始めたころで
お友達同士でチョコの交換をするという行為にビックリしたものですが

あれから年数が経ち
うちの近隣では友チョコ文化は定着しております。

バレンタインになると
小学生の女の子が近所を自転車でウロウロ

みんなお友達にチョコレートなどのお菓子を配るようなのです。

うちの娘は積極的にお友達にチョコレートをあげよう!
というタイプではないので
(私が面倒に思っていたのもあり)

毎年バレンタインの友ちょこはスルーしていましたが

数年間 お友達にチョコレートをもらっていると
自分もバレンタインにお友達にチョコをあげたいという気持ちになったらしく

昨年からチョコレートを作ってあげるようになりました。

すると妹である幼稚園児の次女も

私もやりたい!と言いだすんですよね。

最近はチョコレートを溶かして流し込むだけで
可愛いい転写プリントがついたようなチョコレートができるセットが
100均などでも手に入るようになったし

ラッピング用品も可愛いものが沢山並んでいるので
女子力高めの幼稚園児の次女も

私も作りたい!

●●ちゃんにあげたいー!

と言いだすので、本人のやりたい気持ちを尊重させたいなと
長女と私と3人でチョコ作りをしました。

自分で食べるより、誰かの為に作ったり、ラッピングすることが楽しいし、
子どもにとってはうれしい経験です。

あげるほうとしては、お返しは全くもらわなくていいという気持ちになります。

初めて友チョコをくださったお友達のお母さんが
お返しはいいからー!

と言ってくださった気持ちが今ならよくわかりますが・・・


■友チョコが面倒だと思っているお母さんもいる

先日幼稚園の集まりがあり、
保護者同士がバレンタインの話題で盛り上がっているのが聞こえました。

その内容をまとめますと

友チョコの準備をするのがほぼ親だし
手伝わないといけないのが面倒

友達が沢山いるので 沢山友チョコを用意しないといけないので
時間もお金もかかる

友チョコをもらったらお返しをどうしたらいいのか悩むから
最初からいらない

結構厳しい意見が飛び交っていましたね。

ほほー。なるほど。

そういう考えをお持ちのお母さんもいらっしゃるのね。

と、聞きながら勉強にはなりました。

まぁ、私も面倒と思っていた保護者の1人ではありますが
子供達が楽しんでいるのであれば、
渡したチョコが不衛生だとかで捨てられていたとしても
それはそれでいいかな?というように考えがシフトしていきました。

子供達も、あげた相手からのお返しを期待しているのではなく
自分で作ったものを相手にあげる喜び・
相手も喜んでくれるという楽しみでやっているだけだと思うので。


■仲良しのママ友に友チョコ事情を聞いてみた


手作りは普段から親子付き合いがある人に限定

自分の子供以外の子供がさわったりしたものは衛生面が怖いですし、きちんと手袋などをして作った訳ではないかもしれない所に抵抗を感じてしまうそう。

なので、手作りお菓子をもらっても廃棄する方もいるみたいです。
手作りのお菓子は、よっぽど仲の良いママ友の子に限定しているという意見もありました。

私自身はクッキーやチョコにデコレーションする程度の手作りならそこまで抵抗はありませんね。


デコレーションする程度ならベタベタ触って作るようなものでもないので。

友チョコをあげるときにお返しはいらないときっぱり言う!

気心知れている間柄だったら、はっきり
「お返しいらないよ、こっちの自己満足でやってるから」と言ってから渡すという意見も。  

これは幼稚園児の次女の場合は私もそういってあげます。

あげたいと思っているお友達の保護者に

「うちの子供がバレンタインにチョコレートをあげたいといっているんですが渡しても大丈夫ですか?」

と、おうかがいを立ててみるとか。

しかし、うちの場合、長女は小学生ですから、もう自分たちで交換しあっているので大人は口出ししません。

まとめます

友チョコ文化に賛否両論あると思いますが、色んなことを経験するというのも

子供達にとっては勉強になるのでは?と思い、我が家では子供のやりたい気持ちを優先させています。

ただ中には貰うことが迷惑だと思っている人(親)もいるということだけは

頭にいれておき、あげる時は相手に渡しても良いかどうか確認して、相手の負担にならないように気を遣うことは必要かと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。